本文へスキップ

仙台の医療機関 胃腸科・外科・皮膚科・小児科・乳腺・甲状腺外科 七郷クリニック   

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.022-287-1475

〒984-0032 仙台市若林区荒井3丁目25-4

プ チ 健 診medical examination

■アルツハイマー危険度検査(採血)
 
認知症は なる前に予防しましょう!

方針イメージ

簡単な採血でアルツハイマーの危険度 あるいは初期症状かどうかわかる検査です



■アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)

方針イメージ

早期にがんをみつけ 早期に適切な治療をおこなうことにより がんによる死亡率を減らすには
定期的ながん検診による 早期発見が重要です
AICSとはアミノ酸を測定して がんのリスクを評価する検査です
少量の5ml程度の採血で検査をすることができます
1回の採血で 男性AICSは5種類 女性AICSは6種類の検査を行います
健康診断と同時の検査をお薦めします
受診対象年齢
男性AICS[5種]25歳~90歳 胃がん 肺がん 大腸がん 膵臓がん 前立腺がん 
女性AICS[6種]20歳~90歳 胃がん 肺がん 大腸がん 乳がん 膵臓がん 子宮がん 卵巣がん 

■脳梗塞リスクファクター検査 (採血)

従来は 脳ドックで行う MRI検査しか「かくれ脳梗塞」を診断する方法はありませんでした
ただ 検診費用や拘束時間のこと また閉所恐怖症の方などは 積極的に検査を受けづらい面もありました
それを簡単な血液検査でチェックできるようになったのです それが 
「脳梗塞リスクマーカー検査」です
◎脳梗塞リスクマーカー検査(アクロレイン)

血中アクロレインが陽性であれば85%の確率で脳梗塞があるか もしくは
脳梗塞発症が危険です(かくれ脳梗塞)
早期発見には40歳~60歳での受診が最もお勧めです

■ピロリ菌検診 (採血)

先進国のなかでも 日本は胃がんの危険因子とされるヘリコバクター・ピロリ菌の感染率が特に高いと言われています
日本人の50歳代では7割以上の方が、60歳代では8割以上の方が感染しているという統計が出ています
胃がんの原因であるピロリ菌と胃がんの危険因子の萎縮性胃炎をあらわすペプシノーゲンを調べます

■腫瘍マーカー検診 (採血)

がん反応であるCEA CA19-9 p53抗体 シフラ CA125 CA15-3 PSA などから3種類選びます

■心筋梗塞リスクファクター検査(CT)

ヘリカルCTで心臓を撮り冠動脈の石灰化の数を計測します(アガストンスコア)これが高いと危険です

■肺がん検診(CT)

肺ヘリカルCTによりレントゲンでは写らない隠れた腫瘍の早期発見が可能です

■大腸がん簡易検診(検便)

大便の免疫学的潜血反応です 食事制限なく簡単に受けられる検査です

★大腸がん精密検診(16列CTによるCTコロノグラフィー)

検便による検査では出血していないと判定できません 
小さなポリープも大腸内視鏡検査よりも苦痛が少なく短時間でわかります(10分程度)




七郷クリニック七郷クリニック

〒984-0032
仙台市若林区荒井3丁目25-4
TEL 022-287-1475



Total・・
Today・・
Yesterday・

関連医療機関 LINK
田沼七郷歯科クリニック